発明・創始者 小山 裕史博士のご紹介

小山 裕史 Yasushi Koyama

1956年11月14日生まれ。1994年に初動負荷理論®を発表し、翌年トレーニング科学研究会に承認される。その後、(財)日本スケート連盟、(財)日本陸上競技連盟、(財)日本水泳連盟、(財)日本柔道連盟のフィットネス・コーチ等を歴任し、現在(株)ワールドウィングエンタープライズ代表。

B.M.L.T生命医科学研究所 所長
高崎健康福祉大学 保険医療学部理学療法学科 教授(2014年10月-2017年9月)
鳥取大学客員教授〔医学部〕 歴任
早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了 博士【人間科学】【早稲田大学】

初動負荷理論®
制御【神経筋制御】【運動制御】
バイオメカニクス
の研究者

初動負荷理論の主な研究発表
・ACSM(アメリカ・スポーツ医学会)
・ISB(国際バイオメカニクス学会)
・ISEK(国際電気生理学&キネシオロージ学会)
・EJAP(ヨーロッパ応用生理学会学術誌:論文)

主な著書


「奇跡」のトレーニング
初動負荷理論®が「世界」を変える
講談社/小山裕史著
(2004年1月15日~)

[増補改訂版]小山裕史のウォーキング革命
講談社/小山裕史著
(2014年12月25日~)

希望のトレーニング
講談社/小山裕史監修
(2014年7月31日~)
その他、医学図書への執筆も多い。